我が家の妖精たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 生産農園関係者がオークションで高値を煽りますか?

<<   作成日時 : 2015/11/25 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

余りに酷すぎる。生産関係者は、花卉市場或いは生花市場へ出荷して販売するのが本筋。今や市場でも、応札が無く、例えば3000円で市場に出したものの買い手が無い場合は値段が下がっていきます。私の知り合いの園芸店主は、その株が誰も買い手が付かないので1000円で競り落とした? 1000円で仕入れてきました。これは昨年の大阪での話です。 それはゴールドのダブルでした。 店舗で3000円で販売したそうです。

仲間が二人入れば、いくらでも値段をつり上げられます。途中で誰かが参入すれば、そこで入札から手を引けば、途中から参入した方が落札することになります。駄花でも価格が上がっていけば、良い花ではと思わせることが出来ます。
残念ながら、仲間内二人以外に誰も入札しない場合は、二人のどちらかが落札しますが、最悪の場合は銀行取引という架空の取引で送金せずに、最低限の手数料だけヤフーに払うことで落札したことに出来ます。

そういう風なことを耳にしましたし、実際にまだまだ応札するだろうということで値段をつり上げたけれど、応札しない場合は、辞退したので入札額で買い取って欲しいと言っていると言うメールがヤフーから届きます。でこの入札額が釣り上げる前の安い価格になるはずだのに、つり上がった直前の自分の入札価格で買い取るかどうか聞いてきますので、辞退する旨返事します。


全ての生産農家が、そうとは言いませんが現在、開花株を高値で出品している方のヤフーのIDを見ていてください。この後も現状の経済状況を無視した高値で開花株が次から次へと出てきます。

花卉市場よりも高値で捌けるから、ヤフーのオークションを利用します。私たち愛好家がヤフーで入札しなければ花卉市場で捌くようになります。 ショップで特約して貰うとショップで販売して貰えます。 ショップで相手にして貰えないから、その開花株の捌きどころとしてヤフーのオークションを利用するのです。各地のショップが農園に仕入れに行きます。

社会から認めて貰えれば、農園関係者がネットオークションなど利用するはずがありません。社会的に認めてもらえないから、販売してくれる特約ショップも無いわけです。しっかりしたルートで株を捌き、社会的に認めてもらえるように努力することが大切です。

今シーズンは昨シーズンより、格段に値が下がります。某三流生産農家など、2月末から売れ残りの開花株の処分に取りかかります。開花株12株セット1円からの出品等です。24株の場合も有ります。これは生産農家が売れない駄株の処分方法です。

社会一般の情勢を鑑みると、一株20000円の開花株などあり得ないことです。我々愛好家はしっかりした信念の元、気に入った開花株を来年の2月くらいにクリスマスローズフェアが開かれますから、そこで実際に手で取り色や脇芽や受け咲きかどうかを含めて、確認して納得して購入されることをお勧めします。

私の所も午前中はクリスマスローズの植え替えなどしていましたが、午後から雨が降り家でビデオを見ております。

セミダブル グレープベイン     セミダブル イエロー 丸弁 のつぼみが新たに見つかりました。
セミダブル系の咲くのが早い気がします。

画像は明日晴れていたらアップします。




久しぶりに浅間クリスマスローズガーデンのショップを覗いてみると、ギョエ−  原種という言葉が消えていて、芽近くでは茎を切った跡が残っており、落葉していません。 原生地実生苗と言う言葉に原種が替わっています。シングルで落葉していない原生地の実生苗って。。。。。交雑している証拠ですね。落葉性の原種であれば落葉しているはずですが、芽近くの茎を切った跡がある株がかなりあります。私たちは何を信じれば良いのかな? 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生産農園関係者がオークションで高値を煽りますか? 我が家の妖精たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる