我が家の妖精たち

アクセスカウンタ

zoom RSS この花が咲くと。。。。。どんな花かな?

<<   作成日時 : 2015/12/05 10:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まずはクリスマスローズのつぼみに話題を移して
この株 ラベルを見るとミルフィーユ ホワイトのシングルような出で立ちです。 最後までフォローします。もう一株も同じような出で立ちですから。。。。。
画像


これは、ラベル無し  グリーンにピコティーが入っているようで今のままではどうなるか分かりません。
画像


白やイエローにはなりません。グリーンかな? まだ色が乗ってくると思う。
楽しみですね。マイ交配苗です。 想定外のこぼれ種交配もあります。

現実の世界へ目を向けると

ブームの時は、世界で1つだけの花とかいうことで、どんなクリスマスローズでも相応の値が付いていました。しかし、愛好家が見て沢山の方が良いという花はこういう傾向の花として収斂されてきました。園芸店でも売れ残る花も沢山出てきました。
例えば所謂「駄花」と言われるカテゴリーに入る花です。見るからに乱れたしまりの無い花型の花・なんとも言いようのない誰もほしがらないような色の花。。。。。。今現在ヤフーのオークションでも一株1000円程度で出品されています。私の家の近くにホームセンターが有り、もっと綺麗なダブルの整形花が979円で販売されています。ナーセリーも淘汰の時代に入り護送船団方式は崩壊しかかっております。

私が現在の経済状況を鑑みてクリスマスローズの良い花といわれるもので突っ込みになりますが1株平均3000円での卸しになると思います。
通常のナーセリーは、有名園芸店へ直接取引で卸すかナーセリーのネット直売で捌くか、花卉市場で捌くかになります。また有名園芸店より買い付けに行く場合も有り。。。。。そう言う正常な流通形態と有名取引店に取り扱ってもらえない場合は、オークション等を利用することになります。

ネットで落札すれば、決済手数料、送料として1000円程度 が必要です。乱れ花が1200円 送料込めると2000円余り。近くの園芸店ではもっよいものが979円で販売されています。ストアー出品ですから一番花が終わると店頭で500円で販売して売れるかどうかと言うことです。今年の状況でクリスマスローズの開花株が売れなかった場合は来年、更に仕入れ数を絞りますのでナーセリーはピンチに陥ります。

正直なところ、たかが草花一株が2万円も3万円もすること自体が異常なんです。リーズナブルな価格で出品すればそれなりに入札はあると思います。と言うものの不要不急のものである園芸業界の地盤沈下がものすごいスピードで進んでいます。

複数の雑誌で紹介される園芸店ですから、ナーセリーは駄花は卸しません。そこでのダブルの価格で7000円出せばダブルの花が販売されていました。黒のダブルでもゴールドでも似たようなものでした。
来期はもっと下がると思います。その来期が今始まっています。ヤフーのオークションでは、もう始まっています。
余り若いかたより年配の方に愛好家が多いです。特に40歳代・50歳代の方は、定年退職後生活設計が非常に厳しくなっており、高価すぎるクリスマスローズに投資できる方の数は極端に少なくなります。

そう言う状況を理解しているのかしていないのか、余りにも愛好家を馬鹿にしたような価格設定でのクリスマスローズの数々に辟易しております。本当にクリスマスローズ業界全体に負の遺産を植え付けるだけです。そんなに金儲けに走らずとも、適正価格で愛好家に受け入れられる価格にしてはどうですか????

分からないだろうな? isoさんは、アイスピンク1株1000円でヤフオクに出品して、在庫株は全て一掃されました。そう言う時代です。
多分今季はswhoodへ買い付けに行かないでしょう。 多分国内の今までのつながりのある育種家さんの所で良い株を購入してオークションに出しても、もうけが無いからこのまま引退されるのではと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この花が咲くと。。。。。どんな花かな? 我が家の妖精たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる